木型や金型成形で試作品の制作をしよう~高品質モノづくり委員会~

素材板

専門容器の活用

プラスチック容器の中でも特別な機能を持ったタイプは専門的な分野で用いられたり、また普段目にするものにも用いられています。例えば、炭酸飲料水が入っているペットボトルなどは耐久性に高いプラスチック容器が用いられています。

詳しくはコチラ

入れたい物に合わせて選ぶ

容器には様々なタイプがあるため、入れたい物に合わせて選んでいくことが必要となってきます。用量も異なっているので、どれくらい使用するのかについて考えながら選ぶことが大切と言えるでしょう。

詳しくはコチラ

試作品の作成

プラスチックの成形は難しくはないですが、製品レベルの成形を行なうためにはそれなりに専門業者や専門機械を用いる必要があります。金型成形やNC旋盤成形加工などの方法があり、小ロット生産も可能です。

詳しくはコチラ

成形加工と専門容器

成形加工を行なうためには様々な工程が必要になり、例えば木型なども成形加工を行なう上では重要になります。木型の歴史は非常に古く、金型が始まる前から存在していたと言われています。木型を行なうためにはまず木を指定の設計どおりに加工していく必要があります。この加工にはNC旋盤やマシニングセンター等を用いて行われていき、最終的に人の手で仕上げていくという形で作られます。木型を用いると製品の試作品等を作ることが出来るでしょう。型自体が非常に安価で、失敗しても作り直しにかかる時間が短いため、試作品の制作には木型が一般的に用いられています。成形をする現場では、木型以外に金型を用いてプラスチック等の樹脂材料を形成することもあります。木型では焼けてしまう樹脂系の材料でも、金型であれば温度変化に耐えることができ、綺麗な成形加工品を創りだすことが可能となるでしょう。プラスチック製品がここまで普及したのは金型などの型が進化したお陰でもあり、普段見ることはない型は新しい製品開発に無くてはならない技術と言えるでしょう。
金型などで作りだしたプラスチック製品は様々な製品として加工されるわけですが、例えばプラスチック容器として加工されることもあります。プラスチック容器は様々な形状があり、中に入れるものによっても種類が異なってきます。例えば惣菜を入れるプラスチック容器も実は油に耐えることが出来る種類と、出来ない種類が分けられていて惣菜の内容によっても使い分けがされてきました。特別な特徴を持ったプラスチック容器なども登場していて、例えば炭酸ガスに強いペットボトルなどは内圧に強い特別な作りになっています。こういったプラスチック製品を創りだす元になっているのが樹脂材料であり、樹脂材料は混ぜるものによって様々な特性を持った製品を作り出すことが出来るでしょう。例えば、タキロンなどはプラスチック製品を創りだすメーカーとして有名で、透明度の高いポリカーボネート板などを生成しています。